筋トレするなら朝?夜?それぞれのメリットとデメリット

筋トレするならば朝がいいのか夜がいいのか
そんな悩みを抱えた経験も初心者トレーにーならあると思います

今日は筋トレ朝派と夜派のメリットとデメリットをそれぞれお伝えしたいと思います

「筋トレはやっぱ朝だろ」

まずは筋トレはやっぱ朝だろって意見から
筋トレを朝やるってことは、仕事の前に筋トレして出勤するってことですね
早起きの得意な方なら向いているかもしれませんが、どんなメリット、デメリットがあるのでしょうか


筋トレは朝派のメリット

脂肪燃焼効果

朝、起きたばかりの時間帯は、インスリンレベルがもっとも低い時間帯だと言われています
なので、この時間帯は筋トレと有酸素運動(ウォーキングやジョギング)を行うことで、脂肪燃焼の効果が高まります
筋トレと有酸素運動の順番は筋トレが先の方が、脂肪燃焼の効果が得られやすいです
朝、筋トレを行うことで代謝をグッと上げることに繋がります
人間は、朝起きたときから徐々に代謝が上がっていきます
最も代謝の低い朝にトレーニングすることで、一日をかけて代謝の高い状態を維持させることができます
つまり、脂肪燃焼している時間が長く得られると言うことですね

一日の体調を整える効果

朝はまだからだが目覚めていない状態です
その状態で筋トレすると、からだのスイッチがどんどんオンになってきます
ちからがみなぎってくる感覚も経験することができるでしょう
いつにちの始まりを筋トレで始めることで、集中力が高まり、仕事へのパフォーマンスも良い方向に向かうと言われています

メンタル面でのメリット

朝イチの筋トレは体調だけのメリットではありません
先程も書きましたが、仕事へのパフォーマンス
これもメンタルがものを言います
朝、強制的に一日のスイッチを入れることで一日をちからがみなぎった状態で過ごすことができます
一日、すべてに対してポジティブに、そしてパワフルに過ごすことができます

時間の有効活用

朝、筋トレを行うと、一日の時間の有効活用に繋がります
朝早く起きるのは辛いかもしれませんが、仕事の前に筋トレするので、時間は当然限られてきます
一時間なら一時間、しっかりとジムで自分と向き合いましょう
仕事前の一時間と決めたなら一時間できっちり追い込みましょう
そのあと、日中は仕事に没頭し、夜は家族サービスやアフターファイブを楽しみましょう
当然次の日も早く起きるので早寝早起きの習慣も身に付きます

自然と人間らしい生活のサイクルが生まれますよね

朝の筋トレのデメリット

朝の筋トレのメリットをあげてきましたが、今度はデメリットも紹介します

ケガのリスク

朝イチの筋トレをするとして、朝はやっぱりからだがまだ目覚めきれていません
すなわち、からだがまだ固い状態です
筋肉の可動域も当然狭いですし、血液も水分不足の状態のため、どろどろの状態です
しっかり体を目覚めさせて、ウォーミングアップもしっかりできていれば、前にあげたようなメリットを享受することもできるでしょうが、一般的なサラリーマンではなかなかそうはいかないでしょう
朝は時間がないので、どうしてもウォーミングアップがおろそかになります
そうするとやはりケガに繋がります
朝イチの筋トレを行うのであれば、しっかり早く起きて、水分をとり、食事をしっかりとって(バナナや野菜ジュースなど軽いものでOK)少し体を動かし(ストレッチなど)筋トレに望むようにしましょう

日中の眠気

筋トレをきっちり行うと、やはり疲労感は否めません
ほどよい疲労感なら、パフォーマンスのアップも見込めますが、ガッツリ追い込んだその日は疲労から、日中の眠気に繋がることもあります
そうなると仕事のパフォーマンスに影響してきます
そうなると仕事のミスが増え、評価も下がってしまいますよね

次に、夜の筋トレに移ります

筋トレはやっぱ夕方~夜だろ

夜の筋トレのメリット


筋トレ人口が多いのは圧倒的にこちらでしょうね
やっぱり朝が苦手な人だったり、仕事が忙しくて朝が早くて夜にしかできない人だったりそもそも早朝からやってるジムが無かったり…

からだがよく動き、怪我のリスクが低い


夜はもう日中活動した後であるため、体は十分暖まっていると言えます
なので、可動域も十分ですし、けがのリスクは低いと言えます
ウォーミングアップも少なくてすむと言えます

成長ホルモンが分泌されやすい

筋肉の成長には、休養が重要です
寝る直言の筋トレはおすすめしませんが、睡眠時間の二時間前にトレーニングを終わらせることで、心地よい疲労感から寝付きがよくなります
そうすると就寝中に成長ホルモンが分泌され、筋肉の成長に繋がります

時間が確保しやすい

何だかんだで仕事が終わってからジムにかよっている方が多いと思います
朝よりも時間が確保しやすいですし、朝はある程度意思が固くないと続かないでしょうが、夜は活動したあとなので時間を確保しやすいですよね。メンタル的にも

メンタル的なメリット(気持ちのリフレッシュ)

夜筋トレを行うと、日中起こった嫌なことをリフレッシュすることができます
小さなことでくよくよしていたのが筋トレで非日常的な力を出すことで、メンタル的にもリフレッシュすることができます
筋トレの時はしっかりと自分と向き合い、日頃のストレスを発散しましょう

 

夜の筋トレのデメリット


次は夜の筋トレのデメリットです
夜筋トレを行うことでどのようなデメリットがあるのでしょうか

寝付きが悪くなる

筋トレを夜遅くまで行い、寝る直前にまでかぶってくると神経が興奮してアドレナリンが分泌され、一種の興奮状態になります
なのでせっかくの睡眠のゴールデンタイムを逃し、逆に筋肉の発達によくない状態になってしまうことが考えられます
筋トレを夜に行うなら、睡眠時間から遡って、二時間以上は開けるようにしましょう

ジムに人が多い

これが一番のデメリットではないでしょうか(笑)
やはりこの夕方の時間はジムのゴールデンタイムですからどうしても混雑の傾向にありますよね
ジムが混雑すると、器具やウェイトの順番待ちが発生し、とても効率が悪くなってしまいます
また、順番待ちが発生することで時間がだらだらと下がり、先に述べたように睡眠時間に影響してくると問題ですね


まとめ

筋トレを朝に行うか夜に行うかですが、世の中の成功者と言われる人たちは断然、朝筋トレ派が多いと言われます
やはり成功者ともなると、意思が弱い人はいないでしょうし、時間も限られているため、夜だらだら筋トレするよりも、朝やってしまう人が多いのでしょう
一般のサラリーマンで朝が得意で仕事も安定的に定時で帰れるというような方は、断然朝をおすすめします

僕のイメージですが、健康志向な方は朝筋トレ
筋肥大目的等の場合は夜の方がいいのかなと思います

いずれもケガに気を付けて、自分の生活スタイルや筋トレの目的に合わせて決めたらいいのかなと思います