デッドリフトや懸垂で先に握力がなくなって背中を追い込めない人必見

主にデッドリフトや懸垂などのプル系種目の筋トレでは、高重量が扱える半面、ベンチプレスなどのプレス系種目と比べて、バーベルなどを握るための握力が先に弱ってしまって、思うように背中を追い込めないという悩みはありませんか?

確かに、100kgのバーベルを自分の手の力だけで持ち上げるとなると握力が先にへたってしまいますよね

僕も握力が極端に弱かったので、毎回背中を満足に追い込む前に握力がやられて最後まで追い込めず不完全燃焼で終わった経験もあります

今日はそんな悩みを解決できる方法や、素敵なグッズ、紹介します

握力保持のためにはパワーグリップが最適

パワーグリップは片方を手首に巻いて、もう片方をバーベルなどの重りに巻き付けることで、手首にぶら下げた感覚で負荷を持ち上げるイメージです

僕はこのグッズに出会って、本当にデッドリフトや懸垂などのプル系の種目との向き合い方に変化ができました

最初はバーベルに巻き付けているにもかかわらず自分の握力を無意識に使っていましたが、パワーグリップに負荷を預けるように握力を抜いた時、握っていないのにバーベルが上がるという感覚と、背中で持ち上げているという感覚をゲットすることができました

また、こういったグリップやグローブなどのギアを付けるのは上級者っぽいから気が引けるなんて思う方もいると思いますが、僕が使ってみた感想として初心者こそ使うべきだと感じました

プル系(引っ張る)トレーニングの場合、初心者は背中に効かせることが難しいので、握力に気が行ってしまってはますます背中を意識することが難しくなってしまいます

本当におすすめです

数々のボディビルの大会を制してきた鈴木雅選手は

もし、背中の日にパワーグリップを忘れることがあれば、私はトレーニングを諦めます(笑)

というくらい役に立つ代物です

ゴールドジム(GOLD’S GYM) パワーグリッププロ G3710 Sサイズ

下記は言わずと知れたゴールドジムのパワーグリップです

これを着けてジムでトレーニングしていればそれだけである意味ステータスですよね(笑)


ちょっとお高いですが品質は折り紙付き

手首廻りが16〜17センチくらいの方なら、Sサイズをお薦め

パワーグリップ 【性能強化 フリクションラバー仕様】トレーニング ベンチプレス 滑り止め (左右セット) (M)

ゴールドジムのパワーグリップまでは手が出ないよという方も安価なものはいかがでしょうか

正直安価だからといって決して機能的に劣るものではありません

耐久性の面では難があるかもしれませんが、とりあえず試してみたいという方はお勧めです

リストストラップもオススメ

リストストラップはパワーグリップよりも巻き付ける部分が長く、その分パワーグリップよりも保持力は上がります

もっと高重量が扱えるため上級者向けともいえるかもしれません

僕はストラップは使っていません

その理由としては巻き付ける部分が長く、集中できないなと感じたのと、右手は左手がフリーなので巻き付けることができても右手が巻き付いてる状態で左を巻き付けるのがどうしてもストレスになるだろうなと感じたからです

しかしながら、グリップ力は間違いないので気になる方は是非

ゴールドジム(GOLD’S GYM) リストストラップ G3500

こちらもゴールドジムのストラップですね

品質は間違いないです

リストストラップ パワーグリップ リストバンド リストラップ 筋トレ 懸垂 握力補助 手首保護

ストラップはゴールドジムでもそれほど高価なものではありませんが、まずはお試しという方に向けてはこのようなものもあります


オルタネイトグリップで握ってみよう

オルタネイトグリップとは上の画像のように、片手は順手(ノーマルグリップ)、もう片方の手は逆手(リバースグリップ)で握る握り方です

一度騙されたと思ってやってみてほしいのですが、本当に上記グリップを使用しているんじゃないかと思うくらい、握力がサポートされる感覚が得られると思います

でも、なぜ左右の手で互い違いに握るだけでバーベルを落としにくくなるのでしょう

それは、両方順手(ノーマルグリップ)で握っている時にはバーベルが一方方向に回転して手のひらから落ちてしまいますよね

また両方逆手(リバースグリップ)で握った場合も体の前方に向かって転がるような回転がかかって落ちますよね

つまり、両手を同じ握りで握っているとバーベルが回転運動を始めたときに抑え込むことができなくなってしまうということです

その点、オルタネイトグリップで互い違いに握ることでバーベルの回転を抑えることができるため握力のサポートにつながっているのです

しかし、そんなオルタネイトグリップにもデメリットもあります

それは筋肉に左右差ができてしまうこと

筋トレにおいてグリップの仕方は負荷のかかる部位を微妙に変えます

そのため、両手の握りが違うということは背中の右側が筋肥大してて僧帽筋の左側が筋肥大しているという事態にもなりかねません

今日は右手が順手 明日は左手が順手みたいに日を変えてバランスよく握ることが大事になってきます

僕自身なかなかそこまで管理できないので上記のパワーグリップを利用しています

握力サポートのまとめ

背中を追い込みたいのに握力や前腕が疲労して追い込めないという筋トレ初心者の方に向けて書いてきました

やはり、僕のオススメとしてはパワーグリップですね

このようなギアを使うことは初心者の方は特に気が引けるという方が多いです

しかしむしろ初心者トレーニーの方こそ使用するべきだと考えます

前腕や握力に集中力を使うならそこのストレスを取り除き、背中にしっかり効かせるための意識を高めた方が効率がいいと思うのです

高級なものから手が届きやすいものまで紹介しましたので参考にしてみてくださいね